主婦の作り置き事情

今日は週に1回のおかずの作り置きをしました。いつもアマガインターコープション出版社の作り置き本を参考にしています。

以前は週末にやっていたのですが、体力的に厳しくなってきたので、平日の行い、その分、週末はゆっくりしたいと思いました。

しかし、今日は体調があまり良くなく、いつもよりも睡眠時間が長かったり、途中で休んだりしていたので、予定時間よりもオーバーしてしまいました。

他の家事は調整できますが、毎日の食事の支度だけは後回しにすることができません。

その為、体調が悪くても食事の準備と配膳だけはしなければなりません。

食事の後片付けは体調が良くない時は、少し休んでやるか、もしくはそのままにして、翌日に行うこともあります。

やはり一番困るのは、体調が悪い時に食事を作らなければいけない場合です。

実際はそれを行うのは不可能なので、どんな時でもすぐに食事の用意ができるように、事前におかずを作っておくと便利だと思います。

しかし、長時間、キッチンに立っていると、やはりそれだけでもかなり疲れてしまいます。

今日はあまり体調が良くなかった上に、無理を押して、おかず作りをやってしまったから、なおさらかもしれません。

こういう時ほど、家族はいつも以上に家事を手伝ってくれません。

さらに追加の家事を頼まれましたが、それはさすがに断りました。

ですが、余裕がない時ほど、さらに手間を省くアイデアが思い浮かぶものです。

今日は食事の後片付けも大変だったのですが、それを楽にする方法を偶然思いつきました。

それは個人ごとに、お盆に食器を乗せて運ぶという方法です。

これならば食卓に一つずつ食器を置かずに済みますし、同じように片付けも手間がかかりません。

明日からはこの方法でやってみることで、少しは楽になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です